パリの東から

無視されたターン(無伴奏チェロ組曲第5番、プレリュード)
一体どこまで「無視された」シリーズを書かなければならないのか。

バッハ「無伴奏チェロ組曲」の楽譜を作る人に言いたい。真面目に作るつもりがないならやめてほしい。って日本語で言っても無駄か(笑)。

昨日初めてパリ音楽院の図書館という所に行って、いくつかの「無伴奏チェロ組曲」の楽譜を見たのだが、呆れるほかなかった。ベーレンライターの新バッハ全集版は1988年のものだが「無視された重弦」を相変わらず無視していた。

ハンス・エプシュタインさん、あなたにはあの重弦が見えないのか?一体いかなる理由があって、あの重弦を書かないのか?4つのすべての筆写譜にあるあの重弦を一体どのような理由で抹消することができるのか、その理由を聞きたい。まあ今までみんながそうして来たという以外、理由なんてあるわけないのだが。

さて、ターンである。

アンナ・マグダレーナの筆写譜では、第5番のプレリュード第5小節、2拍目(3つ目の4分音符)の上の音D(スコルダトゥーラで2度下げられているので実際に出る音はC)にターンが付いている。ターンと言っても、かなり縦に(80°ぐらい)書かれているのだが、紛れもなくターンである。

5 Prelude Cadence AMB

これをちゃんと書いている楽譜を、いつものことながら、見たことがない。もしも書いてある楽譜があったら、知らせて下さい。何せ「無伴奏チェロ組曲」の楽譜は100種類ぐらいあるので。

(追記、何と見つかりました。ただし出版譜ではなく音楽学の論文ですが。書いたのはアメリカの大学にいる韓国人のようです。この論文と楽譜はこの曲の演奏に大変役立つと思うので、ぜひご覧下さい。こちらから。楽譜はファイルの55ページからです。)

これも本当にわからない。これほどはっきりと書かれているターンがなぜ見えないのか、これがターンとは気づかなかったというのなら、そもそも楽譜校訂者としての資格がない。

お笑いとしか言いようがないが、いくつかの版ではこれを4分休符だと思って大真面目に記入している。全然形が違うのに。バッハが長男フリーデマンのために書いた有名な装飾音一覧表(Explication)を見ればわかるのだが、これはターンである。バッハ自身はこの装飾記号をフランス風にcadence(カダンス)と呼んでいるが。

小さな写真しか見つからないが上段右から3番目。こちらでは約45°の傾きだが。
explication.jpg

さてそうは言ってもこれをどう弾くかという問題は残る。スコルダトゥーラしているためにこのDは4指で取らざるを得ず、すぐに装飾を付けるのは困難である。おそらくここではその2小節後(第7小節)の後半にあるようなリズムが期待されているのだろう。D--EDC# | D--D というように。

5 Prelude Cadence AMB 2

もちろん他にアイデアがあればご自由に付けて下さい。

<関連記事>

バッハ「無伴奏チェロ組曲」まとめ


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
スポンサーサイト
  1. 2013/01/25(金) 07:45:03|
  2. 無伴奏チェロ組曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://estparis.blog108.fc2.com/tb.php/89-4515e923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<バッハ「無伴奏チェロ組曲」(スラーなし)楽譜が完成! | ホーム | 装飾音、テンポ、強弱記号(バッハ「無伴奏チェロ組曲」)>>