パリの東から

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バッハ「無伴奏チェロ組曲」第5番について
無伴奏チェロ組曲第5番の横山版はまだ書き始めたばかりで、遅くとも来年(2013年)6月までには完成させたいと思っているが、非常に興味深い問題があるのでちょっと触れたいと思う。

(第5番のスラーなし楽譜ができました。無料楽譜です、どうぞご利用下さい。こちら。)

ところで、この曲を弾く時は少々めんどくさくてもやはりバッハの指示した通り、A弦を全音低くGに合わせた方がいいだろう。そうしないとこの曲の本来の姿は見えて来ないから。

プレリュード

最初に言っておくと、初めの部分は2拍子である。4拍子でもなければましてや8拍子などではない

さて冒頭、C音のオクターブで強烈に始ったかと思うと、G音からハ短調の音階が駆け昇って行くが、この音階の2番目の音であるAは実はバッハの自筆譜ではA♭であるようなのである。つまり旋律的短音階ではなく、和声的短音階になっているのである。なぜわかるかというと、4つの筆写譜すべてがこのAにナチュラルを付けていないからである。

しかしこれはどうにも不自然に聞こえる。

ところでバッハ自身がこの第5番をリュート用に編曲しており、幸いにもその自筆譜は残っている。そこでこちらではどうなっているかと言うと、この編曲ではト短調に移調されているのだが、ちゃんとE音(チェロ版のA音に相当する)に♮が付けられていて、旋律的短音階の上行形になっているのである。

バッハが楽器の性格を考慮して、チェロ版では和声的短音階にして、リュート版では旋律的短音階にしたということも絶対ないとは言えないが、やはりバッハはここでナチュラルを付け忘れたのだと考える方が自然である。

バッハの頃は調号の書き方が過渡期にあったようで、始めの頃は昔からの習慣に従ってハ短調ならフラット2つで書いていたようである。例えば「平均律クラヴィーア曲集」第1集のハ短調のプレリュードはもともと長男フリーデマンのために書かれた練習曲で、そこではフラット2つで書かれていたが、「平均律」に収録した時にはフラット3つにしている。

しかしバッハはどうも混乱していて、自分が昔からの調号で書いているのか、新しい調号で書いているのか忘れて、短音階の第6音(ハ短調で言えばAの音)の臨時記号を付け忘れることがあったようである。例えば「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ」第1番はト短調だが、昔からの習慣でフラット1つで書かれている。その冒頭のアダージョ第3小節3拍目、低音の8分音符はどう考えてもE♭なのだが、バッハは自筆譜ではフラットを付け忘れている。

ひとつ前の記事で書いた、第1番のメヌエット2のE♭の問題も以上のことを踏まえて考えるべきだろう。


同じくプレリュードの第193小節3つ目の音はGの版がほとんどだが、ケルナーではA♮になっており、リュート版でもE♮(ハ短調ではA♮に相当)なので、間違いなくA♮が正しい。アンナ・マグダレーナでは書き直した跡があるが、これはAをGに直したのではなく、GをAに直したのであり、その際直すことに気を取られてナチュラルをつけ忘れたのだろう。ベーレンライター原典版のヴェンツィンガーはリュート版も参照したというのに、なぜかこの箇所には全く触れていない!

ほかは、C資料もD資料もドッツアーもGだが、おもしろいことにパリ初版譜(1824)ではA♮になっている。資料がそうなっていたのか、資料はGだったのに直感で直したのかはわからないが、おそらく小節最後の音がA♮だったので単純にそれに合わせたのだろう。

ぼくは持っていないのでわからないが、最近のヘンレ版やウィーン原典版などはおそらくA♮になっていることと思う。お持ちの方、お知らせ下さるとありがたいです。
(追記、ヘンレ版はGでした。)


アルマンドの第25小節の最初のバス音について、本当にぼくには信じられないのだが(これも単独の記事にしたいくらいだが)、ほとんどの版がB♭になっている。

なぜ?なんで?どうして?全く理解不能なのだが、これはすべての筆写譜、それどころかバッハ自身のリュート編曲版までGなのである。

リュート編曲版(上段はテナー記号、下段はヘ音記号。2段に分かれているものを合成)
5 Allemande m25 Lute

わかりやすいように、ハ短調に移調したもの
5 Allemande m25 Lute Suite

ケルナー
5 Allemande m25 Kellner

アンナ・マグダレーナ
5 Allemande m25 AMB

リュート編曲版と比較すれば一目瞭然だが、チェロ版では弦の数が少ないために和音の音が省略されている。そのために何の和音なのかチェロ版だけではややわかりにくいかもしれないが、これはそんなに難しい和音ではない。

5 Allemande m25 Lute Suite chord

上の図で、左の方はトニックの上にドミナント7の和音が乗っかっているありふれた形だが、その低音が右のようにトニックの代わりに第3度音になっているだけなのである。低音がトニックの場合に比べて希ではあるが、たまに使われるし、ましてや楽譜の校訂者がこの和音がわからないなんて言語道断である。

ヴェンツィンガーなどは、校注でアンナ・マグダレーナもケルナーもリュート編曲版(つまりバッハ自身)もみんな間違っていると言ってのけている有様である。これが1950年の時点での無伴奏チェロ組曲研究の状況だったのである。

最近の出版譜ではどうなっているでしょうか?ヴェルナー・イッキングさんはちゃんとGを書いていますが(ヘンレ版はGでした)。


この同じ小節にもう一つ問題があって、2拍目のリズムがケルナーとリュート版が共に16分音符2つと8分音符のリズムになっているのにも関わらず、そのような出版譜がないのである。これはアンナ・マグダレーナのミス以外の何ものでもない。アンナ・マグダレーナのリズムはあまりにも野暮ったい。それにB♭は次の拍のE♭に対するドミナントであり、16分音符では短すぎてE♭を十分に支えることができないのである。


<関連記事>

バッハ「無伴奏チェロ組曲」まとめ


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
スポンサーサイト
  1. 2012/12/31(月) 13:38:11|
  2. 無伴奏チェロ組曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント
最後の和音は合っているのですか?
今、この曲のプレリュードに取り組んでいるアマチュアです。
プレリュードの最後の和音ですが、短調のまま終わった方が、曲として正しいような気もするのですが、どう理解すれば良いのでしょうか?
  1. 2015/09/23(水) 18:18:28 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]
これはピカルディー終止、あるいはピカルディーの3度と言って、バロック音楽ではよくあるものです。
  1. 2015/09/29(火) 11:32:20 |
  2. URL |
  3. Shin-Itchiro #m.2.LkcQ
  4. [ 編集]

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://estparis.blog108.fc2.com/tb.php/83-4978b656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<早すぎたフラット(無伴奏チェロ組曲第4番、プレリュード) | ホーム | バッハ「無伴奏チェロ組曲」第1番について>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。