パリの東から

バッハ「平均律クラヴィア曲集」ヴァイオリンとピアノ用編曲
バッハの「平均律クラヴィア曲集」の中からいくつかの前奏曲(プレリュード)とフーガを、ヴァイオリンとピアノのデュオに編曲しました。

意外なことに、この曲集をこの編成に編曲したものは他に見当たらず、世界初の編曲になるようです。

いくつかの曲においては、ヴァイオリンの音域の都合や、ヴァイオリンとピアノの間の音程を埋めるために、原曲にはない音を(時には大胆に)付け加えています。

無料楽譜です。どうぞご利用下さい。

第1巻
第1番、 ハ長調
第2番、 ハ短調
第8番、 変ホ短調
(ホ短調に移調)
第16番、ト短調

第2巻
第1番、 ハ長調


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
スポンサーサイト
  1. 2012/09/16(日) 09:17:33|
  2. 楽譜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://estparis.blog108.fc2.com/tb.php/76-f5eb339f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<バッハ「無伴奏チェロ組曲」第6番、ト長調版について | ホーム | Finale リンクしたパート譜のガイド音符について>>