パリの東から

パリの地下鉄通路で演奏
きのう久しぶりにパリの地下鉄通路にチェロを弾きに行きました。
お決まりの場所のひとつ、1号線バスティーユ駅。

最後は寒くなってきたので1時間半ほど弾いただけですが、結構お金を入れてくれました。
曲はいつもどおりバッハのチェロ組曲とか、「G線上のアリア」(チェロでは「A線上のアリア」になる)とか、サンサーンスの「白鳥」、エルガーの「愛の挨拶」などなど。自作の「アジアの花」も弾いてみました。

日本人の旅行者もいました。大学の卒業旅行ということです。

地下鉄通路(車内やプラットホームでは禁止されています)で演奏するにはRATP(パリ交通公団)の許可が必要です。年に2回(3月と9月)にオーディションがあります。
興味ある方はこちらへ。
http://www.ratp.fr/musiciens/index.shtml


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

  1. 2010/02/05(金) 13:44:45|
  2. パリの地下鉄演奏
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://estparis.blog108.fc2.com/tb.php/20-fe8785c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<「風のように」 | ホーム | 「アジアの花」>>