パリの東から

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バッハ「平均律クラヴィーア曲集」第1巻第1番のプレリュード
中村洋子(ようこ)さんという作曲家がいる。

音楽の大福帳」というユーモラスなタイトルのブログを書いていて、ご存知の方もいるだろう。最近そのブログの記事をまとめた本も出版されて、好評のようである。ぼくは残念ながら彼女の作品を聞いたことはないが、聞いた人の感想を読むとこれもまたなかなか好評である。

さて、ブログの内容も興味深いことがたくさん書かれていて、例えばバッハの「平均律クラヴィーア曲集」第1巻第1番のプレリュードについて、鋭い指摘がなされている。
■平均律第 1巻 1番前奏曲で、「反復」のもつ大きな意味■

このあまりにもよく知られたプレリュードの第34小節、つまり終わりから2小節目のバス音(C)は普通全音符か2つの2分音符がタイでつながれて書かれている。ところがバッハの自筆筆ではタイでつながれていない2つの2分音符が書かれており、この小節のバス音は2回弾かれるべきだと言うのである。

そんなアホな、と思い自筆譜を見てみるとなるほどその通りであり、ためしに2回弾いてみるとその方がこの曲が生き生きとしてくる。一度弾いてしまうと二度と全音符で弾く気にはなれなくなる。この指摘は多分世界で彼女が最初にしたのではないだろうか。

バッハの自筆譜より
Well Tempered 1-1 Prelude

そして注意してほしいのは、その前の小節(第33小節)も全音符で書かれているのではなく、2つの2分音符がタイでつながれているのである。つまり音楽的には2分音符が2回繰り返されるのだが、それではちょうど2番目の2分音符の時上の高いC音と重なってうるさく感じられるので、それを避けるためにタイでつながれたと考えられるのである。

つまり第33小節だけがこの曲の中の例外であり、バス音は、ゆっくりとした鼓動のように、一貫して1小節に2回ずつ弾かれるのがこの曲の本来の姿なのである。ぜひとも試してみてほしい。


このような優れた指摘もある一方で、首を傾げざるを得ないような記事もある。同じ曲について書かれたもので、■平均律1巻1番 Preludeの冒頭第1小節目には、バス声部が不在■というのだが、これは何かの思い違いとしか言いようがない。

彼女によれば、冒頭タイでつながれた付点8分音符と4分音符によるE音は、一般的な出版譜では下段のヘ音譜表上に書かれているが、自筆筆では上段のソプラノ譜表上に書かれているので、これはテノール声部ではない、一見バス声部に見えるC音が実はテノール声部であり、本当のバス声部は第10小節から入るのだという。

バッハの自筆譜より
Well Tempered 1-1 Prelude

「四声が出揃うのは、10小節目以降となります」というのだが、このプレリュードは上で見た第33小節と第34小節を別として、終始一貫して5声体の和声で書かれていることはあまりにも明白である。なぜそんな複雑な見方をするのかまったく理解できない。その理由も上段に書かれているからだというのだが、バッハのどの曲でも調べたら、声部と段とは関係がないことぐらいすぐわかる。

中村さんは大作曲家の自筆譜に学べというのだが、それはもちろん結構なことだが、そのバッハ自身によるこの曲のもう一つの自筆譜、すなわち長男ヴィルヘルム・フリーデマンのために書かれた「クラヴィーア小曲集」にあるこの曲の原形には、第7小節以降がアルペッジョではない5声の和声で書かれているのである。またこちらでは冒頭のC音は上段のソプラノ譜表に書かれていて、声部と段が関係ないことがはっきりとわかる。

ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハのためのクラヴィーア小曲集より
10991109a.jpg
10991110a.jpg


誰だって思い違い、勘違いはあるのだから、それは大したことではない。しかしこの記事や他の記事に関して、去年以来彼女のブログにコメントしているのだが、未だにコメントは掲載されないし、彼女からの反論もない。同じくバッハの音楽に関わっている者として、非常に残念である。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽譜・音符へ
スポンサーサイト
  1. 2016/04/17(日) 10:20:58|
  2. バッハ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://estparis.blog108.fc2.com/tb.php/148-52471f6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<タイトルなし | ホーム | 甦えるジーグ ~バッハ「フランス組曲」と「パルティータ」より>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。