パリの東から

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

英語による新ブログ開始
バッハ「無伴奏チェロ組曲」の研究成果を世界により広く知ってもらうために、英語によるブログを始めた。Bloggerブログを利用することにしたが、なかなか使い易い。

http://bachcellonotes.blogspot.fr/

タイトルは Bach's Cello Suites, Editor's Notes、副題として of its newest and the most radical edition などとややえらそうだが、PDFで公開していた Editor's Notes をそのまま載せているだけである。しかし英語はかなり怪しいものだ。時制がよく分からないし、定冠詞もいつ使えばよいのか分からない。やたらと the が並んでしまうと音が汚くなる。おかしな英語を見つけたら知らせて下さるとありがたいです。


<関連記事>

バッハ「無伴奏チェロ組曲」まとめ


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ



スポンサーサイト
  1. 2014/09/01(月) 01:24:56|
  2. 無伴奏チェロ組曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://estparis.blog108.fc2.com/tb.php/131-9df8c5c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<「無伴奏チェロ組曲」の新しいブログを始めました。 | ホーム | なぜ誰も重弦で弾かないのか?>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。