パリの東から

無伴奏チェロ組曲のスラーあり版、作成開始
いよいよ、バッハ「無伴奏チェロ組曲」のスラーあり版の作成を開始しました。

とりあえず第1番(ト長調)のプレリュードのみです。
楽譜はブログ別館よりどうぞ。
http://shin-itchiro.seesaa.net/article/393809308.html

スラーなし版は、スラーの決定を放棄することによって、音の決定の問題のみに集中することができ、数多くの画期的な発見をすることになりましたが、自分で、あるいは教師がスラーを書き込まなければならず、誰もが使えるという楽譜ではありませんでした。そのためせっかくの発見もあまり注目されないという問題があったのですが、スラーあり版によって音の問題も改めて注目されて行くのではないかと期待しています。

音の決定は作曲上の問題で、必ずしも演奏しなければ解らないというものではありませんが、スラーの決定は、より演奏上の問題であり、自分自身が演奏することなしにできるものではないでしょう。

従ってスラーあり版の完成は、ぼく自身の演奏の成長と結びついており、ぼく自身にとってより大きな課題となり、時間もかかることと思います。気長にお待ちいただければありがたいです。


<関連記事>

バッハ「無伴奏チェロ組曲」まとめ

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
スポンサーサイト
  1. 2014/04/05(土) 01:37:00|
  2. 無伴奏チェロ組曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://estparis.blog108.fc2.com/tb.php/114-3a8d61e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<バッハ「無伴奏ヴァイオリン」アンナ・マグダレーナの写譜 | ホーム | アルヴィン・シュレーダー「170の基礎的練習曲」について>>