パリの東から

寓意画としての人工知能学会誌の表紙絵
人工知能学会という、ぼくにはまったく馴染みのない学会の学会誌(隔月刊)が、2014年1月号からそれまでの「人工知能学会誌」というタイトルから「人工知能」に変更され、表紙のデザインも一新されることになったという。
http://www.ai-gakkai.or.jp/?p=4923

公募した中から選ばれた表紙絵は、窓の開け放たれた書斎と思しき部屋で、女性が本と箒(ほうき)を持って立っているという構図である。しかしその背中からは電源コード(CHAdeMO(チャデモ)と呼ばれる電気自動車用の急速充電コネクタ)が伸びており、どうやら人間ではなくロボットであるらしい。人工知能を搭載した自動ロボット掃除機ルンバなどからの発想と思われる。実に印象的な絵である。

2014no1.png

この絵が女性差別、女性蔑視、とりわけ「女性は家事」という役割分担を固定化しようとしているということで、ツイッター上で騒ぎになった。その騒ぎについてはインターネット上にいくらでも転がっているので、ご存知ない方は調べていただくとして、ぼくなりの意見を述べてみようと思う。

結論から言うと、これは一種の「寓意画」である。つまり見えているものそのものではなくて、何かの比喩、象徴であるということである。なぜなら、何よりまずこの女性型ロボットは掃除をしていない。箒と本を持ってポーズを取っているだけだからである。

この絵はどうしてもフェルメールの有名な「絵画芸術」(別名「絵画の寓意」)を思い起こさせる。

859px-Jan_Vermeer_van_Delft_011.jpg

モデルの女性の持ち物がトランペットと箒の違いはあるが、本を持っている点は共通している。この絵に描かれている様々なものには、様々な象徴、寓意が込められているというが、それらについては他で調べてもらうとして、人工知能学会誌の表紙絵にも様々な寓意が込められていると思う。

まず箒は働くことの象徴で、人工知能あるいは人工知能学会が、人々あるいは社会の役に立ちたいという願いの表れであろう。

本はもちろん勉強、研究の象徴で、人工知能自身が学んで行くことと、学会がこれからも一所懸命研究に励んで行くという意思の表れであろう。

背中の充電コードは何か?まあちょっとこじ付けっぽくなるが、人々の人工知能への期待をエネルギーとして取り入れたい、という意味ではないだろうか。

つまりこの表紙絵は、人工知能学会が人々の期待をエネルギーに、これからも研究に精を出し、社会のために奉仕して行こうという意志の表れであり、まさに学会誌のリニューアル第1号の表紙として、この上なくふさわしいものだったのである。

このような解釈は、もちろん絵の作者や、この絵を選んだ学会誌編集委員会やその他の人達(学会によると「圧倒的」にこの絵を支持したという)の意図とは別である。しかし「人工知能学会をもっと広い範囲の読者にアピールする」という大きな意気込みをもって、今回のタイトルと表紙絵のデザインの変更を行ったのであって、それにあたって、自分たちの意思、希望を的確に表現するような絵を選ぶのはごく自然なことではないだろうか?

以上はこの絵についてのぼくの解釈であって、ほかにもいろいろな解釈が可能だろう。そして差別だというのも様々な解釈の一つに過ぎないということを理解して欲しい。なぜならこの絵に直接的に差別を示唆するものが何もないからである。

それにしても素晴らしい絵で、個人的には本当に気に入っている。日本の表紙絵の歴史に残る傑作だと思う。


追記

実はこの女性型ロボットは魔女である、という説は非常に気に入っている。

http://h.hatena.ne.jp/kanarihikokuma/228174613207024719
https://twitter.com/pontsuku_do/status/416293137858826240

箒は言うまでもなく魔女の必需品だし、彼女の読んでいるのは魔術の本である。
人工知能の開発なんて魔術のようなものだ、という意味が込められているのかも知れない。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/22(水) 21:28:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://estparis.blog108.fc2.com/tb.php/111-5491dfbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
人工知能学会の表紙絵 昨年の暮れからツイッターの世界ですごい話題になっていることです。 たぶんまだ余韻が残っていると思います。 人工知能学会の29巻1号の表紙絵です。 これが「女性差別的だ」と言う人たちと、それに反論する人たちとのあいだで、 たいへんなことになっているのですよ。 …
  1. 2014/02/01(土) 22:30:36 |
  2. たんぽぽのなみだ~運営日誌


<<ドッツァウアーの練習曲(エチュード) | ホーム | 10月15日(火)「横山真一郎の世界」コンサート>>