パリの東から

無視された半小節(バッハ無伴奏チェロ組曲第1番、ジグ)
「楽譜書庫」の方にバッハの無伴奏チェロ組曲第1番の「ジグ」の楽譜を作って掲載しました。

(追記、第1番全曲の「スラーなし」楽譜も作りました。どうぞご利用下さい。)

なぜ「ジグ」かというと、この「ジグ」には、これまでのこの組曲の楽譜編集者全員から無視された「半小節」があるからです。

無伴奏チェロ組曲のバッハによる自筆譜は発見されておらず、アンナ・マグダレーナ・バッハ(バッハの2番目の妻)による筆写譜がこの曲の第一の資料なのですが、それによると8分の6拍子のこの曲の第31小節と第32小節の間に、8分音符3つだけの小節が挟まっているのです。

下の図、2段目の3小節目です。

ジグ


実際に弾いてみるとわかりますが、この半小節を入れると曲が充実しますし、その後にこの半小節を飛ばして弾くと、物足りなく感じられます。

なぜこのようなことになるのか、少し詳しく説明しますと、ずっと4小節単位で進んでいたこの曲が第25小節(下の図、7段目)からは3小節進んだところで突然断ち切られてしまいます。そのため余ったエネルギーが拍子の混乱を引き起こすのです。

1 Gigue Explication


加えて第29小節と第30小節(下から2段目)のそれぞれの2拍目の頭の8分音符が次の8分音符へのアポジャトゥーラ(倚音)になっており、それがアクセントとなるため、だんだんと裏拍(2番目の付点4分音符)が表拍(1番目の付点4分音符)よりも強く感じられるようになり、ついに第30小節の裏拍が表拍のように感じられ、第31小節の表拍が裏拍のように感じられるようになります。

そして最後の楽節は第31小節の裏拍から始まりますが、実際には表拍として感じられます。そのためこの「余分な」半小節を裏拍として挟み込む必要が生じたというわけです。

図を見れば、3小節で断ち切られたフレーズがだんだんと回復しようとして、最後に4小節にもどる様がよくわかると思います。

さらに付け加えると、なぜこの第1番のジグだけ最後の音にフェルマータがあるかの説明にもなります(ケルナーやアンナ・マグダレーナの筆写譜でご確認下さい。くれぐれも出版譜で確認したりしないように。開いた口がふさがらないと言うか、多くの出版譜がこのフェルマータを書いていないのです。一体どこまでこの組曲を愚弄するのでしょうか?)。

最初バッハは何らかの物足りなさを感じ、フェルマータで最後の音を伸ばすことによって物足りなさを補おうとしたのです(ケルナーの筆写譜にフェルマータがあることから、これが最初から書かれていたことがわかります)。のちにバッハは半小節を書き加えることによって解決をはかりましたが、痕跡としてこのフェルマータが残ってしまったというわけです。

それにしてもなぜこの半小節が無視され続けて来たのかよくわかりません。たしかにアンナ・マグダレーナ以外の人が残した筆写譜にはこの半小節はありません。またアンナ・マグダレーナの筆写譜には、ほかに疑問な点もありますし、特にスラーは明確でないことが多いのですが、この半小節は上に述べたようにはっきりとその存在の意味が有り、これが間違いである可能性はありません。

おそらく単純に、半分しかないから書き間違いだと考えたのでしょうが、この曲をすべて8分の3拍子に書き換えたら、おそらく誰も間違いだとは思わないでしょう。そのぐらいの想像力は働かせてほしいものです。

多分バッハは後になって(チェロ組曲全6曲を書き上げた後に)この半小節を書き加えたのだと思います。その時、五線の上だか下だかに小さい五線を書いて、そこにこの3つの8分音符を書き入れたのでしょう。それをアンナ・マグダレーナが写譜したとしたら、当然このような半小節が挟まった形になるわけです。

図で示してみます(アンナ・マグダレーナの筆写譜を加工して作りました)。

バッハの初稿(想像図)
ジグ初稿

初稿への加筆(想像図)
ジグ改訂稿

アンナ・マグダレーナによる筆写(実物)
ジグ筆写譜

ケルナーの筆写譜にこの半小節がないのは、バッハがこの半小節を書き加える前の楽譜を写譜したからでしょう。


この半小節を含めて演奏しているロストロポーヴィッチ氏の映像です。



追記

最近の版(ヘンレ、ウイーン原典、ブライトコプフ等)について調べてみましたが、ことごとくこの半小節を無視し続けていました。注釈では何の根拠もなしに、間違いだと決め付けているのです!!! 

もしこれがバッハの自筆譜だとしても校訂者たちは間違いと決め付けるのでしょうか?

<関連記事>

バッハ「無伴奏チェロ組曲」まとめ


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
スポンサーサイト

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/23(月) 15:17:06|
  2. 無伴奏チェロ組曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

パリの東から・楽譜書庫を作りました。
パリの東からの別館「楽譜書庫」を作りました。

IMSLPに飛ばなくても、ブログから直接楽譜(PDFファイル)をダウンロードできます。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽譜・音符へ
  1. 2010/08/08(日) 12:13:51|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォーレ「シシリエンヌ」
フォーレの「シシリエンヌ(シシリアーノ)」(チェロとピアノ)の楽譜を無料楽譜サイトIMSLPにアップしました。

http://imslp.org/wiki/Sicilienne,_Op.78_%28Faur%C3%A9,_Gabriel%29

劇付随音楽「ペレアスとメリザンド」でも使われていて、フルートのソロが印象的ですが、このチェロとピアノ版がオリジナルです。

ピアノスコアは、譜めくりを考慮して作られています。また、ピアノスコア上のソロパート部は読みやすいように、ハ音記号を使わずにト音記号とヘ音記号だけで書かれています。

この楽譜は「楽譜書庫」にも置いてあります。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽譜・音符へ
  1. 2010/08/07(土) 23:04:58|
  2. IMSLP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

唱歌「富士山」
唱歌「富士山」(あるいは「ふじの山」)の楽譜を無料楽譜サイトIMSLPにアップしました。

「あ~たま~をく~もおの~」

http://imslp.org/wiki/Fuji-san_%28Sh%C5%8Dka,_Japanese_school_song%29

この曲は1911年発行の「尋常小学読本唱歌」に掲載されており、作曲されたのは1910年のようです。つまり今年は「富士山」の生誕百周年にあたります。

この楽譜は「楽譜書庫」にも置いてあります。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽譜・音符へ
  1. 2010/08/05(木) 23:30:05|
  2. 日本の曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォーレ「夢のあとに」
フォーレの歌曲「夢のあとに」の楽譜を、無料楽譜サイトIMSLPにアップしました。

http://imslp.org/wiki/3_Songs,_Op.7_%28Faur%C3%A9,_Gabriel%29

この曲はC minor がオリジナルで、D minor のは高声用に移調したものです。

この楽譜は「楽譜書庫」にも置いてあります。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽譜・音符へ
  1. 2010/08/02(月) 23:10:03|
  2. IMSLP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0




| ホーム |