パリの東から

ドビュッシー生誕150年
今日はドビュッシーの150歳の誕生日だそうで、まずはおめでとうございます(誰に?本人に)。6年後の2018年は没後100年になるわけで、まだそんなものなのかと思ってしまう。

そんなこととは知らずに、2日前だったか、岩波文庫の「ドビュッシー音楽論集 反好事家八分音符氏」を読んでいたのだ。

「反好事家八分音符氏」というのはドビュッシーの分身で、文中でドビュッシーと対話するのであるが、フランス語では Monsieur Croche, antidilettante(ムッシュー・クロッシュ・アンティディレッタント)で、Croche, Anti Dilettante、すなわちドビュッシーのフルネーム Claude Achille Debussy と同じ頭文字になるというわけ。

クロッシュ氏は、本当の感動の前には沈黙のみがある、などとなかなかいいことをおっしゃる。一読の価値はあります。

それはともかく、ドビュッシーのピアノ曲を4曲、室内楽に編曲しておりますので、どうぞご利用下さい。無料楽譜です。

「アラベスク第1番」弦楽四重奏
「亜麻色の髪の乙女」サックス四重奏
「風変わりなラヴィーヌ将軍」サックス四重奏
「小さな羊飼い」木管五重奏とハープ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
スポンサーサイト
  1. 2012/08/22(水) 01:49:23|
  2. 作曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キエフで「アジアのスパイス」が
ウクライナの首都キエフより、あるウクライナ人の方からメッセージをいただいて、きのう(19日)キエフ・フィルハーモニックの室内楽コンサートで、ぼくの「アジアのスパイス」http://bit.ly/iftXkS が演奏されたのこと。

メッセージによると、プログラムはすべて日本の音楽で、武満徹なども演奏されたけれども、ぼくの曲が一番印象的だったとか。

画像はキエフ・フィルハーモニックのホームページより、ウクライナ語のページをさらに英語に翻訳したもの。名字ではなく、名前の方が書かれています。

Kiev

にほんブログ村 音楽ブログ 楽譜・音符へ

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2011/05/20(金) 09:23:41|
  2. 作曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いろんな音楽配信サイト
日本にも外国にも、いろいろな音楽配信サイトがあるんですね。

いくつかのサイトに登録してみました。

「日本」
muzie
http://www.muzie.co.jp/artist/r009564/
老舗サイト 

NEXTMUSIC
http://www.nextmusic.net/index.php?command=profile&profid=20100216174316
(残念ながら閉鎖されました)

「外国」
MySpace
http://www.myspace.com/shinitchiroyokoyama
アメリカの老舗サイト。こちらはアーティストが中心。

SoundCloud 
http://soundcloud.com/shin-itchiro-yokoyama
ドイツのサイト。一つ一つの曲をさまざまなグループに登録できます。
MySpaceと違って、曲が中心と言えるでしょう。


にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2010/02/18(木) 13:45:35|
  2. 作曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パート譜作り
この3週間ほどIMSLPにアップするための「序曲と祭り」のパート譜作りにかかりっきりである。

少しでもいいパート譜を作ろうとすると、結構時間がかかる。それがなんと34パートもあるともう大変な労力である。
しかもパート譜を書きながら、スコアもいろいろと変えていってしまう。するとすでにアップした別のパート譜をまた書き換えなくてはならなくなる。

まあこれはこれで、作品を見直すいい方法ではあるのだが。

ともあれ、今日か明日中にはやっと全パート譜が一応アップされることになりそうである。


にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2010/01/14(木) 19:05:08|
  2. 作曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吹奏楽作曲コンクールの謎
去年(2008年)のことだが、フランスの大西洋岸に近い町 Cholet(ショレ)の吹奏楽団が、創立160周年記念に吹奏楽の作曲コンクールを行なった。一等賞金が5000ユーロ(約70万円)というので、ぼくも張り切って初めての吹奏楽曲に挑戦した。「序曲と祭り」というのがその成果だが、結局1次予選で落選した。

さてそれでは見事5000ユーロを獲得したのはどんな曲かいな、と調べてみても一向にわからない。確か吹奏楽団のホームページに最初は掲載されていたはずだ。それなのに今のホームページにはまったくその記事は載っていない。インターネットをいくら検索しても出て来ない。70曲ほどの応募があったはずで、中には経験を積んだ名のある作曲家もいただろう。その中でトップに選ばれた曲が、いくら調べてもまったくわからないのである。

落選したぼくの曲は、後にぼく自身の指揮でRATP(パリ交通公団)吹奏楽団によって演奏された。
1次予選落選曲でさえこれなのだから、入選作ならフランス中の吹奏楽団から引っ張りだこになってもおかしくないはずなのに、まったく行方不明なのである。一体何があったのか謎である。


にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

  1. 2009/12/28(月) 12:49:36|
  2. 作曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MySpace
MySpace というサイトに曲の音声をアップしました。

これらの音声のうち2曲は生演奏の録音ですが、あとはすべて楽譜作成ソフト Finale 2006 版で作ったものです。

私のプロフィールページはこちらです。


にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2009/12/10(木) 10:44:35|
  2. 作曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0




| ホーム |