パリの東から

ティンパニの打ち直しについて(ドヴォルザーク「新世界より」)
たまたまインターネットでドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」を聞くことがあって、驚いた。

第1楽章序奏部の終わり(第22小節)で、ティンパニがトゥッティに対して2回の裏打ち(E-B)をするが、ほとんどの演奏が2回目のB音を16分音符と4分音符を分けて打ち直ししていたからである。それも名だたる巨匠たちがである。

これがその部分のスコア(管楽器は省略)であるが、一体どこをどう読んだらそんなことになるのか?

Dvorak Sym 9 1

確かに16分音符と4分音符(と、さらに次の小節の8分音符)をタイでつないでおけば誤解はなかったろうし、今の作曲家ならそうするだろうが、トリルがつながっているのだから誤解しようもないし、ドヴォルザークだってまさかそんなアホな指揮者がいるとは夢にも思わなかっただろう。

しかもどの演奏も皆、16分音符を単音で打った後、少し間を置いて4分音符をトリル(ロール)で演奏するのだが、トリルははっきりと16分音符から始まっているのである。

ここでは2つの裏打ちだけが音楽的に意味があるのであって、あとは単なる「余韻」である。「余韻」を打ち直してどうしようというのだろう?それに次の小節のヴァイオリンのトレモロがティンパニに呼応しているのはあまりに明白である。

それでもどうしてもわからないという頭がコチコチの指揮者には、ドヴォルザーク自身が編曲した四手連弾用の楽譜をお見せしよう。これでもう誤解する指揮者はいなくなるだろう。

Dvorak Sym 9 2

それにしても一体誰がこんなアホなことを始めたのだろう?そしてそれを誰も彼もがまねをするという情けないことになったのだろう?

恐らく比較的最近のことと思われる。ぼくが最初にこの曲を聞いたのはカラヤンのLPレコードによるが、それには打ち直しはなかった。ところが晩年のカラヤンの映像では打ち直ししているのである。その間に一体何があったのだろうか?どなたかご存じないですか?

にほんブログ村 音楽ブログ 楽譜・音符へ
スポンサーサイト
  1. 2015/09/08(火) 11:20:40|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2




| ホーム |