パリの東から

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Finale リンクしたパート譜のガイド音符について
楽譜作成ソフトFinaleの リンク・パートは便利ではあるが、まだごく普通の操作ができないことがある。そのためにせっかくのリンク機能がありながら、別ファイルでパート譜を作らざるを得ないこともあったが、やっとその解決策がわかった。
(使用しているのは Finale2011〈仏語版〉)

(以前もっと複雑な方法を書きましたが、より簡単な方法を発見したので、9月3日に記事を書き改めました。)

パート譜に他の楽器の音符をガイドとして書く時、ガイド音符の上か下にはその本来のパートのために休符を入れるのが普通である。そしてこの休符はガイド音符との衝突を避けるため通常の位置(すなわち全休符、二分休符なら第3線と第4線の間)からずらすのが普通であるが、

Fuge 1-8 violon

スコアの方はガイド音符は必要ないので、休符は通常の位置になければならないが、

Fuge 1-8 piano score

楽譜スタイル機能を使っても、どうしてもうまく行かなかった。

つまりパート譜の休符を通常の位置からずらすと、スコアの方の休符もずれてしまい、スコアの方の休符を通常の位置にすると、パート譜の休符も通常の位置になってガイド音符とぶつかるという次第。

これを解決するには楽譜スタイルを少々カスタマイズすればよい。

まずスコアに第1レイヤーでガイド音符を入れる。それからその部分に、スコアのみ楽譜スタイル「23. 空白の小節(全休符表示):レイヤー1」を適用する。これでスコアからガイド音符は消滅するが、ここで楽譜スタイルの定義を変更する。
楽譜スタイルダイアログボックスの右の方の「省略の記譜法」ボタンを押すと別のダイアログボックスが現れるが、左下の「その他のレイヤー、表示する項目」の「音符」のチェックを外す。

そしてパート譜の方には同じ場所に、他のレイヤー(例えばレイヤー2)でガイド音符のある小節に休符を入れ、ガイド音符を避けて適当な位置にずらす。この休符はスコアには表示されず、スコアには全休符が通常の位置に表示され、メデタシメデタシとなる。

なお譜例の曲はバッハ「平均律クラヴィア曲集第1巻」より、第8番の前奏曲とフーガをヴァイオリンとピアノ用に編曲したものです。こちらで無料で公開していますのでどうぞご利用下さい。とても美しい曲です。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽譜・音符へ
スポンサーサイト
  1. 2012/09/02(日) 12:35:06|
  2. Finale
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハープのグリッサンド
ハープという楽器には7つのペダルがあって、たとえば「ファ」の弦は普通「ファ・フラット」に調弦されているのだが、このペダルが2段階式になっていて、1段だけ踏み込むとすべての音域の「ファ」の音が、「ファ・ナチュラル」、2段踏み込むと「ファ・シャープ」になるようになっている。他のペダルもそれぞれの音に対応しており、したがってハープで何オクターヴかにわたる音階をグリッサンドして弾く場合、すべての音を音符で記す必要はなく、最初の1オクターヴだけを音符で記しておいて、後は音階の最終の音まで直線で示す習慣になっている。

Finaleで写譜をしていて驚いたことに、楽譜を再生したときに、音符で記された最初のオクターヴの音だけではなく、ちゃんとあとのオクターヴの音も最初に示しておいた音を繰り返して再生してくれるのである。Finaleにはまだまだ不備が多いけれど、これにはかなり感心した。


にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

  1. 2009/11/22(日) 16:40:05|
  2. Finale
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Finale NotePad
Finale の簡易版、Finale NotePad が2009年版から有料になってしまいました。

私自身はNotePadを使ってみて、あまりに機能が少なく、どうしようもなくてFinale を買うことにしたので、Finaleを買わせるためには、NotePadはタダでばらまいた方がいいと思うんですがね。

少しでもまともな楽譜を作りたかったら、NotePadではどうしようもないので、たとえ1000円でも、あんなものを有料にするのはどうかと思うのですが。


にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村

テーマ:音楽理論 - ジャンル:音楽

  1. 2009/11/15(日) 23:22:52|
  2. Finale
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

移調楽器の扱い
Finale 2006 (仏語版)を使って楽譜を書いていますが、まあややこしいこと、この上なしです。手で書いたほうが絶対に早い。でも音は出してくれるし、編集はできるし、パート譜も作ってくれるので、もはや手放せません。

それにしても移調楽器の扱いで苦労しています。
特に、ホルンなどの金管楽器をたとえばベートーヴェンやチャイコフスキーなどのように、調号を使わずに表記する場合。


にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村

テーマ:音楽理論 - ジャンル:音楽

  1. 2009/11/09(月) 10:26:12|
  2. Finale
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0




| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。